FC2ブログ


↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。

みなさんは
「カラオケ」に行きますか。

ドクターフリッカーも
大学病院時代は
やれ、忘年会だ、
やれ、誰それの送別会だと

居酒屋での「飲み会」の後、
「カラオケ」に行きました。

研修医のころは
「カラオケボックス」などという
気の利いたものはなく、

いわゆる「カラオケスナック」
みたいなところに
行ったもんです。

いや、当時から
持ち歌は
古い歌ばかりでした。

あまり、
すすんでマイクを持つ方
ではありませんが、

病棟のナースの送別会で
「戦争を知らない子どもたち」を
熱唱して「どん引き」されたことも
ありました。

だんだん、
「後輩」が多くなっていくと
周りが気を使ってくれて

頼みもしないのに
「昭和歌謡」を勝手に入れてくれて

「センセーの曲、
 入れときましたから」と
言うので、何が出てくるかと
思えば
「長崎は今日も雨だった」
だったりするので、

いったい、
周りのひと達からは
どういう風に思われていたのか
今でもよく分かりません。

開業してからは、
「カラオケ」、
行ってませんねー。

あー、そうそう、
一昨年の暮れにドクターM先生
一度、「カラオケ」を歌いました。

ドクターM先生は
「コブクロ」の曲を歌ったの対し、

ドクターフリッカーは
「堺正章」で対抗したのですから、

ま、選曲のセンスは
推して知るべしということです。

最近はもっぱら、
水曜日に母校の外来の往復、
クルマの中で熱唱しています。

この季節、まだ帰宅の時間
外が明るいので
信号待ちのとき、
横断歩道を渡るひと達から
クルマの中が丸見えです。

信号待ちのたびに
「開いた口」を
あくびをしているように
ごまかしながら
昨日は「尾崎紀世彦」を熱唱して
帰ってきました。

2009.06.18 Thu l つぶやき l COM(3) TB(0) l top ▲