FC2ブログ
ドクターフリッカー

石川五右衛門じゃありません。
「嘘つきは泥棒の始まり」のことです。

iPS細胞を臨床応用したと
虚偽の発表をした
研究者?が、昨日帰国して話題になっています。

しかし、数多くの学会発表や論文の中には
うっそ?マジ?と思うようなものも
けして少なくはありませんし、

件の研究者以外にも
遠からずのひとはたくさんいそうです。

ただ、そういった方の発表は
見る人が見れば違和感があるのが
一目瞭然で多くは黙殺されておしまいです。

今回の一件は本人への取材のみで
大きく報道した通信社や新聞社に
むしろ大きな問題があると思います。

テレビやネット、新聞広告でも
医療や健康に関する情報が溢れ返っています。

すぐに「神の手」だの「行列が出来る」だの
医学や医療からかけ離れて、
ろくな取材もしないマスコミの報道姿勢こそ
責められるべきではないでしょうか。

何とか博士や何とか研究所とか
うさんくさいものもたくさんありますから、
ひとの弱みに付け込むような
こうした報道、あるいは広告には
もう少し厳しいハードルが必要かも知れません。

って言うか、医者じゃないのに
患者さんに手術なんか出来るわけないでしょ。

それにしても、
嘘が嘘を呼ぶような見苦しい記者会見、
とても正視に堪えません。

もういい加減に
マスコミが自らの過ちを
かの研究者に転嫁するかの如く
メディアにさらし続けるのは
止めてもらいたいと思います。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2012.10.16 Tue l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲