FC2ブログ
20150222.png

昨日は横浜で大学の同門会でした。

1988年に第2内科学教室に入局して、
10年後の98年に消化器・肝臓内科講座に
医局が再編成されました。

第1内科から第4内科、
各内科から集まった消化器専攻の先生方と
2003年まで5年間、消化器・肝臓内科で
仕事をさせてもらいました。

一緒に病棟で苦楽を共にした
先生たちと思い出話に花が咲きます。

みんな、変わらないなと思いつつ、
ふと、周りを見渡すと顔と名前の一致しない
若い先生方がだいぶ、いや、かなり多くなりました。

今の若い先生たちは
ご存じないかも知れませんが、
何を隠そう、自分は2代目の
医局長だったのです。

前教授が退官され、現在の教授が着任される前、
一年間、教授不在の時期があり、
当時の助教授、講師の先生方の
ご意見の調整は、それは大変なものでした。

いろいろ悩んで、苦労して、
たくさんの思い出がある大学病院時代ですが、
若い先生たちの実に精力的な臨床や研究の成果を
聞いているうちに、

自分が過ごした時代の思い出は
まるでうたかたの夢のようです。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2015.02.23 Mon l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲