FC2ブログ


↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。

昨日の日曜日。

ドクターフリッカー2世の
音楽会でした。

2世の「催し」を
「VTR」ではなく、「LIVE」で見るのは
ドクターフリッカーは初めてなので、
何だかこっちが緊張しました。

そう言えば、ここ2週間毎日、
お母さんと練習したそうです。

まずはみんなで一緒の合奏。
運動会などで有名な
ジャック・オッフェンバック作曲の
「地獄のオルフェ」、
邦題「天国と地獄」です。

2世のパートは
なんて言う楽器が
よく知りませんが、
木の筒を棒で叩く楽器です。

真剣なまなざしで
舞台の上で一所懸命に
木の筒を棒で叩く2世の姿に

昔、白黒テレビで観た
文明堂のカステラのCMで
けなげに踊る小熊の人形が
重なりました。

続いてのピアノ。

一番目のかたがお休みで
急きょ、トップバッターです。

演奏する曲は
童謡「かえるのうた」。

おお、ちゃんと両手で
弾いているではありませんか。

ドクターフリッカーは
ひと指し指、1本でしか
ピアノの音を出せないと言うのに。

と、演奏中に「ハクション!!」
というくしゃみとともに
鼻から鼻水が5cmほど「ぶらーん」と
垂れ下がってしまいました。

まるで「マンガ」のようですが、
鼻水ってあんなにぶら下がるものでしょうか。

笑いごとではありません。

しかし、2世、動じず
鍵盤から手を離すことなく
見事、最後まで演奏しました。

鼻水をぶら下げながら。

ま、ほとんど隣の先生が
弾いていたのですが、
あんなのでも一応は
「連弾」なのでしょうか。

練習で出来ないことは
本番でも出来ません。

これからの人生、
練習で出来ても本番で
出来ないことも数多くあるでしょう。

でも、やった練習は
けして無駄にはなりません。
きっと、いつか、
努力したことが報われるでしょう。

今日のような「アクシデント」でも
鍵盤を離さなかったのは
わが子ながら「立派」でした。

練習のたまもの、
そう、練習はけして
嘘をつきません。

帰りにお蕎麦屋さんで
お昼を食べながら、こういう話を延々と
言って聞かせていたら

「ねーねー、もう音楽会は終わったよ。
 ちゃんとビデオ録ったの?」と
2世に言われてしまいました。

すまん。2世よ。

父はお前の姿に感動して
すっかり、録画を忘れていたよ。

2011.02.07 Mon l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1086-eefa4632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)