パスプロ

「パスプロ」とは
パス・プロテクション。

アメリカンフットボールで
パスを投げるクォーターバックを
プロテクトするオフェンスラインの
役目、仕事です。

パス、特にロングパスは
決まれば華麗です。

しかし、ロングパスを
投げるためには
レシーバーが遠くまで
走らなければならず、

必然的にクォーターバックの
ボールキープは長くなり、
それだけラインは身体を張って
パスプロをしなくてはなりません。

がんばって長くパスプロして
見事にロングパスが決まっても
スポットライトが当たるのは
クォーターバックとレシーバー。

万が一、ディフェンスライン、
もしくはラインバッカーが
メージラインを越えて侵入し、
クォーターバックが
タックルされてしまった場合、

これをQBサックと言いますが、

役目を果たせなかった不甲斐なさで
本当に申し訳ない気持ちになります。

しかし、オフェンスラインは
言い訳も出来ませんし、
する人もいません。

地味な縁の下の力持ち
「男」の仕事は寡黙なのです。

医者もそうです。
男は黙って仕事をする。

これが、医者たるものの理想の姿だと
常々、思っていますが、
なかなか、理想通りにはいきません。

え?上の写真、
パスプロがもれてる?

だから、言ったでしょ。
言い訳はしませんって。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2012.04.21 Sat l 思い出 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1522-9dcb02fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)