ドクターフリッカー

1974年7月13日にオカルト映画
「エクソシスト」が日本で公開されたことを
記念して毎年、7月13日は
「オカルトの日」だそうです。

今日は「13日の金曜日」ですが、
1974年7月13日は
金曜日ではなく土曜日でした。

「エクソシスト」。
大評判で学校から観に行っては
いけないとお達しが出るほどでしたが、
見るなと言われると見たくなるのが
人情と言うものです。

大人でもあまりの恐怖で
気を失うひとが続出したとか、
悪魔に乗り移られた少女の
顔がグルリと180度回転するらしいとか、
その恐怖を伝え聞いては
ビビっていたものです。

でも結局、
映画館には観に行きませんでした。

当時は超能力やコックリさんなども
流行して確かにオカルトブームでした。

マンガでも「恐怖新聞」とか
「うしろの百太郎」とかありましたね。

心霊現象には当時は
結構、興味があって中岡俊哉というひとの
「恐怖の心霊写真集」とかを
友だちと読み回しては
怖くなって夜中にトイレに
行けなくなったものです。

「エクソシスト」は高校のとき、
テレビの洋画劇場で放送されて
ドキドキしながら観ましたが、

茶の間のテレビで
観たこともあるのでしょうか、
ま、それなりのただのホラー映画でした。

子どもの頃は
いつかは「超自然現象」や「心霊体験」に
遭遇するのだと信じていましたが、

結局、信心が足りないのか
不思議な現象には出会わないままです。

それでも深夜に一人で
髪を洗っていると、

ほら、窓の外からこっちを見ている
視線を感じませんか?



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2012.07.13 Fri l 思い出 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1613-e3dca460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)