ドクターフリッカー

大津市の中学生が命を落とした事件。
「いじめ」などという表現を使うのは
やめた方が良いと思います。

後になって、次々に出てくる事実。
これはもう、立派な「犯罪」「傷害」であり、
組織として「過失」「欠陥」があったのです。

被害にあった生徒、そのご家族の心中を察すると
胸が張り裂けそうになります。

仮にも義務教育の場、
切磋琢磨して、心も身体も成長していく学び舎です。
そんな中学校で行われていた陰湿な犯罪行為。
これは「事実」が問題であって
「因果関係」などは問題ではありません。

「事実」を容認、隠蔽していた大人にも
大きな責任があるのは当然です。

個性はもちろん大事ですし、
画一的な教育は良くありませんが、
ひとを貶める行為は許してはならないし、
見過ごしてはいけません。

昨日は朝一番に
保健授業の一環として、
校医をしている中学校に行きました。

話をした体育館は少し暑かったですが、
夏休みを前に生徒諸君は
みんな目がきらきらしていました。

身体は大きい生徒もいますが
心も身体もまだまだこれから完成されていくのです。

大人たちが襟をただして
彼らの輝きをしっかり守らなければなりません。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2012.07.12 Thu l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1614-5a715709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)