ドクターフリッカー

スーパーのパックの切り身ではなく
「今日は何がおいしいのかしら?」と
わざわざ魚屋さんで訊ねるのは

魚屋さんを鮮魚のプロとして
信頼していると言うことです。

中には「ウチにはまずい魚は置いてない」
などと言う対応の仕方もあるでしょうが、

男性のお客さんなら
あまり手のかからないものとか、
食べ盛りのお子さんがいるようなお客さんなら、
ボリュームのあるものなど、

お客さんの年齢や性別を観察して
食材を吟味するのがプロの対応と
いうものだと思います。

何の仕事でも仕事というものは
やるべきことをやるのは当たり前のことで、

そこから、どれだけ上乗せできるか、
心を入れてやっているかと言うことが問題です。

もちろん人間ですから
ミスやエラーはあるでしょう。

余計なことをして、かえって
逆効果になることもあるでしょう。

ミスをしても良いわけではありませんが、
しかし、誠心誠意の対応をしていれば
エラーをしても挽回できるチャンスも
巡ってくるかも知れません。

ただ、機械にのように
右から左にモノを移動させているような
仕事のやり方では信頼や信用は得られません。

しかし、忙しいとここら辺が
つい、おろそかになりがちです。

気持ちを引き締めて
プロの対応が出来る様に仕事をしなければと
反省する日々です。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2012.07.20 Fri l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1620-c22602c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)