FC2ブログ
ドクターフリッカー

あれは大学4年の時でしょうか。

朝、ふいに電話が鳴るので出てみると
「どうしたの?もう、試験終わっちゃったよ!」と
同級生のN藤くんからの
悪夢のようなモーニングコールでした。

そう、その日は
「公衆衛生学」の試験の日だったのです。

例によって「一夜漬け」が
限りなく「浅漬け」になって
明け方に仮眠したつもりが後の祭りでした。

いや、あせりました。

どうしたら良いのか、
とっさに判断できず、
とりあえず、冷蔵庫から牛乳を
取り出して500ccいっきに
飲んだのを憶えています。

ふー。

大学まで行きましたが
当然、同級生はもう誰も残っておらず、
電話するなら試験前にしろよと
親切なN藤くんを逆恨みしましたが、

今になって良く考えてみれば
遅刻して入室する学生もいますし、
携帯電話もない時代でしたので
終了後に電話をくれただけでも
ありがたいことです。

午後から気を取り直して
「公衆衛生学」の医局に伺って
「あの、風邪薬を飲んだら
 眠気が強くて起きれませんでした」と
とても医学部の学生とは思えない
言い訳を見苦しくした次第です。

教授のお許しが出て
後日、教務課で受験料を支払い
手続きをして教授室の中で
一人で再試を受けさせてもらいました。

わざわざ、再試験のために
試験を作成された先生には
本当にご面倒をお掛けしました。

世の中、いろいろな事件や
大変な事故もあったりしますが、
所詮、我を失って右往左往するのは
己のことです。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2012.08.22 Wed l 思い出 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1652-15ac05c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)