530695_362967600459994_207154164_n (1)

昨晩は医師会内科医会と
地域中核病院との連携勉強会。

進行役を仰せつかっていたので、
診療終了後、電子カルテのバックアップや
日報点検もせずにかけつけました。

19時15分、開始。
すべり込みのセーフです。

肝胆膵領域の
難度の高い外科治療についての
特別講演を拝聴しました。

消化器領域、特に消化管領域は
内視鏡検査の診断能力の向上や
EMR(内視鏡的粘膜切除術)に加えて、
ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)が開発され、
早期がん治療の目覚ましい進歩に
目を見張ります。

一方で肝胆膵領域は
早期発見が困難な場合も少なくなく、
進行した悪性疾患では
外科治療の加えて術前、術後の
放射線療法、化学療法と
集学的な治療を行わなければなりません。

開業医となった現在は
自分が直接、進行がんの治療に
携わることはありませんが、
前線の実地医療を行う上で
高難度手術の最先端の現況を知ることは
極めて有意義なことでした。

秋から冬にかけて
勉強会や学会が多くなります。

気持ちを引き締めて
学んだことを日常診療に
フィードバックしたいと思います。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2012.10.30 Tue l 医療 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1720-8ea7dc9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)