2013同門会

節分の日の昨日、
母校の消化器・肝臓内科講座の
同門会がありました。

自分が3月に大学を退職した年の
4月に現在の主任教授が着任。

こう書くと、まるで新しい教授が
来るから退職したかのようですが、
別にそういう訳ではありません。

たまたま、縁があって
現在の地での継承開業の話を頂き、
あまり、深く考えることなく半ば思いつきで
開業を決めてしまっていたのです。

当時、医局長だったこともあり、
同門の先生方には少なからず
迷惑をかけたのではないかと思いますし、

今でもあの時、結局自分のことだけしか、
考えてなかったのかな、とも考えましたが、

そんな思い上がった心配は全く無用で
自分がいようがいまいが全く関係なく
講座は着々と発展、進歩しています。

教授の提案で同門会を
開催するようになってからの10年間は
自分が開業してからの10年間と重なるわけです。

十年一昔とは良く言ったもので
今でも非常勤で大学には行っていますが、
10年あればやはりいろいろ変わります。

同じ釜の飯を食ったもの同士、
全国各地で活躍している懐かしい顔ぶれの中で、
昔話をたっぷりして来ました。

同門会のOBとして、そして内科医として
おかしな診療だけはけしてしないと、
立春の朝に誓います。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.02.04 Mon l 意気込み l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1820-87136713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)