ドクターフリッカー

おはようございます。

ピークは越えたと思っていた
インフルエンザもいまだくすぶり、
感染性胃腸炎の流行は
昨年から長期化しています。

いわゆる「吐き下し」のとき、
無理に食事を摂ることはありません。
むしろ消化管を休めた方が良いので
「絶食」で構いません。

一日や二日、何も食べなくても
栄養失調にはなりませんが、

ただ、脱水にはならないように
水分だけは少しずつ、確実に摂りましょう。

出来ればイオン飲料が
最適ですが、味や酸味が気になるときは
湯冷ましやほうじ茶でも結構です。

カフェインが含まれる
コーヒー、紅茶、ウーロン茶、
あと、緑茶も避けましょう。

少しずつ春の気配は感じますが、
まだまだ底冷えする日が続きます。

ここで体調を崩さないように。
崩してしまった方は無理をしないで
しっかり休んで治しましょう。

進むことより、撤退することの方が
難しいと聞いたことがありますが、
無理をしてこじらせるのはいけません。

時には「勇気ある撤退」も必要です。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.02.17 Sun l 医療 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1831-ec38d69b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)