うつ病対策

昨日は午後から
産業医の講習に行って来ました。

産業医とは企業などで労働者の
健康管理を行う医者のことです。

「過重労働」や「アスベスト災害」から
「メンタルヘルス」、「パワハラ」や「セクハラ」まで

産業医の活動はいわゆる
「内科」とか「外科」とかの括りでは
分類できないほど多岐に及びます。

勤務医の頃、大学を定年になったら
どこかで再就職できるかしらと思って
取得した日本医師会の認定産業医ですが、

現在、産業医としては
特別な活動はしていません。

ただ実際、診療所に来られる
患者さんの多くは勤労者であり、
労働者の健康を守ることは
産業医に限った問題ではありません。

機会があれば何ごとも視野を広げて
知識を深めておくことは
実地医療の現場で
無駄にはならないと思うわけです。

昨日も午後2時から夕方6時まで、
かかりつけ医の「うつ病対応力向上」の研修でした。

いや、今の世の中、
働いて生きていくのはつくづく大変です。
しかし、働かないで生きて行くことも出来ません。

受講が終わって外に出ると
関内には真冬の冷たい風が吹いていました。

日曜日の夕暮れ、
行き交う人びとを眺めて
「豊かな暮らし」って一体何だろうと
思いながら帰途につきました。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.02.18 Mon l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1833-502b348d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)