ドクターフリッカー

昨晩は母校の外来の帰りに
あざみ野で病診連携の会。

都筑区の大学病院の先生と
お隣の青葉区の大学病院の先生、
やはり青葉区の肝臓専門医の先生に
自分を入れた四名で検討会を行いました。

横浜の北部で肝臓専門医として
奮闘しているメンバーです。

B型肝炎やC型肝炎のみならず
アルコール性の肝障害や脂肪肝、
薬物による肝障害や自己免疫性肝炎など
さまざまな肝臓疾患について
情報交換を行いました。

出来ることは可能な限り、
全力を尽くす覚悟ですが、
ひとりで出来ることには限界があることも
知っておかなければなりません。

患者さんにとっての
ベストパフォーマンスを尽くせるかどうかが
一番、重要な課題です。

今後、若い先生もどんどん巻き込んで
さらに地域全体の連携が活性化できるよう
及ばずながらお手伝いして行きたいと思います。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.02.21 Thu l 医療 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1838-358d4f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)