ドクターフリッカー

2月も終盤になってきました。
大学受験もいよいよ佳境です。

高校3年になってから受験勉強を始めた
現役の大学受験は惨憺たる結果でした。

1981年はインターネットもありませんから
合否は直接、大学の掲示板まで確認に行くわけです。

唯一、一次試験を突破していた大学に
二次で不合格になった時の帰り道は
世の中がモノクロームに見えました。

一旦、大学から駅まで歩いて来て
「もしかしたら、見落としているのかも」と
もう一度、大学まで掲示板を確認しに行きました。

世の中、こんな愚かで
悲しい行為があるでしょうか。

忘れもしない「1258番」。
その時の受験番号です。

もう一度、掲示板に穴が開くほどよく見ましたが
番号はありませんでした。

ま、当たり前です。

再び駅に向かう道は
自己嫌悪で一杯になりました。

今だから、浪人も良かったなどと
お気楽な他人事のようにも言えますが、
当時は本当に辛く、悔しかったものです。

頑張って栄冠を手にする受験生もいれば
悔し涙を流す受験生もいるでしょう。

咲くのもさくら、散るのもさくら。

たとえ散っても悔しさを忘れなければ
長い人生、咲くチャンスは必ず来ます。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.02.23 Sat l 思い出 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1840-0e677cd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)