新栄ケアプラザ

3月になって最初の水曜日。

午前中に内視鏡を行って、
午後からは協力医を務める地域ケアプラザに
足を運びました。

「ケアプラザ」とは何とも抽象的な名称ですが
横浜市では地域ケアプラザ条例なるもので

「市民が健康で安心して生活が出来るように
 福祉サービス、保健サービスを身近な場所で
 総合的に提供できるようにケアプラザを設置する」
と定められています。

何だか区役所や保健所の仕事のようですが、
市の直轄の福祉保健センター(保健所)とは
似て非なるもので、地域ケアプラザは
市長が公募した指定管理者によって運営されています。

実際、スタッフの方々は様々な活動を精力的に行い、
地域のために骨を折っておられます。

で、ケアプラザの協力医は
「各事業への医療面の相談・助言の充実を図るとともに、
 地域ケアプラザと医師会との連携を強化し
 保健福祉活動の推進を図ることを目的とする」
とあります。

いや、何だか、ほとんどお役に立っておらず、
心苦しい限りです。
昨日は「運営協議会」に出席、参加して来ました。

形骸化して実体がない活動にならないように
微力ですが、実績を残して行きたいと思います。

そういう訳ですので、市民の皆さんも
福祉、保健に限らず地域や家庭の相談ごとがあれば
取り合えず、ケアプラザに行って相談してみて下さい。

親切なスタッフの方々が
親身になって相談にのってくれます。

医療面のことであれば、ケアプラザを通じて
及ばずながら、お役に立ちたいと思っています。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.03.07 Thu l 医療 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1850-a95fe682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)