ドクターフリッカー

先日の日曜日。

「TOKYO MXTV」と言う
東京ローカルな局で
「ウルトラマンをつくった男たち」という
ドラマを放送していました。

タイトル通り、「ウルトラマン」が製作された
昭和40年代初頭が舞台で
三上博史が演じるTBSから円谷プロに
出向した演出家が主人公です。

ドラマ自体は平成元年の作品。

つまり、20年前を舞台にして
作られたドラマな訳ですが、
そのドラマが作られてからもすでに
20年以上経っている訳です。

時代劇はいつの時代も時代劇ですが、
20年くらいの年月というのは
何とも微妙な時間差です。

三上博史や石田純一など
バブル全盛、トレンディードラマ定番の面々が
昭和40年代を演じる、その不思議な
ワールドに知らず知らずに引き込まれて
結局最後まで観てしまいました。

「ウルトラマン」は幼稚園の頃で
ずいぶん昔なのは解っていましたが、

ついこの間だと思っていた平成元年。

もう、仕事をしていましたが、
すでにかなり昔のことになっているのだと
ドラマを観てしみじみと思いました。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.03.27 Wed l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1874-61ea6a59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)