マリアンナ1

昨日の水曜日は内視鏡が
「定数」以上の予約件数でした。

あまり気忙しいことはしたくありませんが、
悠長に検査を先延ばしすることが
出来ないこともあるのです。

件数が多かろうが少なかろうが、
常に「冷静沈着」な検査を心がけて、
モニターに映る胃の粘膜をしっかり凝視しました。

結局、定数外で検査を行った方も
幸い上部消化管には異常はありませんでしたが、
この「negative data」が診断を
次のステップに進めることになるのです。

午後は母校の外来。
病院別館から本館への渡り廊下から外を眺めると
雲がすごいスピードで動いています。
そう言えば台風が近づいているんでしたっけ。

やや遅刻して時間が押していましたが、
こちらも「慌てず急がず」。

生来、慌てやすい性格なので
立て込んだ時は、敢えてスローテンポに
するようにしていますが、
実際は、胃がキリキリしたり、
なかなか大変なのです。

夜は新横浜まで新薬の発売記念講演会。
糖尿病性腎症の集学的治療と
糖尿病と心血管イベントについて勉強しました。

いろいろな要因、理由で
糖尿病のコントロールが悪い患者さんに対して
やみくもに薬を増やして無理に
ガイドラインに乗せようとすることは
必ずしも予後の改善には繋がらないというお話は
まさにコロンブスの卵、目からウロコでした。

いろいろ複雑で微妙な時期ですが、
第一人者の講演を拝聴する機会は
貴重なことには変わりありません。

という訳で、朝から晩まで
あっと言う間に一日が終わりました。
水曜日は他の曜日とは時間の流れが違うのです。

時間に流されないように
注意をしなければいけません。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.06.20 Thu l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1957-bef8f7b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)