20130622.jpg

雨の金曜日。

診療終了後に外を眺めると
もう大分暗くなっていた。

「今日は夏至だったな」。

それにしては、外が暗い。
そうか、雨のせいか。

スタッフが帰った後、カルテの整理、復習とバックアップ、
そして郵便物やメールのチェックをするのだが、

一日中、エアコンの風にあたっているせいか
気だるくて、すぐに作業をする気にはなれない。
缶コーヒーを飲んでしばし頭を休ませる。

スターバックスなどには到底、及ばないのだろうが、
仕事で疲れた心を缶コーヒーは癒してくれる。

冷えた缶コーヒーを飲みながら
大学病院に紹介状を書いた患者さんのことを思い出す。

長く病気と向き合っている方だから
回りくどい言い方をするよりも単刀直入に
話した方がいいかなとすっと本題に入ったのだが、

言葉を聞いた瞬間の患者さんの目の陰りが
頭から離れない。

やっぱり、もう少し遠回りして話をした方が
良かったのかも知れない。

じとじと降り続く雨音を聴きながら、
そんな後悔を毎日のように繰り返す。

診断、治療を迅速かつ的確に行うことが
もちろん一番大事なことである。

悠長なことは言っていられない場合もあるのが
現実でもある。

しかし、だからこそ、

もう一言、何かが必要だったのじゃないかと
缶コーヒーの苦味は教えてくる。

日々是反省である。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.06.22 Sat l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1959-ec78ccc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)