ドクターフリッカー

昨日は校医を務める中学校で
夏休みを前に恒例の
「中学生とお酒の話」をして来ました。

当然、未成年の飲酒は法律で禁じられています。

中学生がお酒を飲むとアルコールが代謝できずに
中枢神経や性の発達を妨げます。
心も身体も未成熟で危険なのです。

先日、未成年者にお酒を提供した
居酒屋の店長さんが逮捕されました。
飲ませた大人も罰せられます。

アルコール、お酒はダメです。絶対に。

ノンアルコールビールやカクテルも
成人を対象にした飲み物です。
飲酒に対するハードルを下げるので推奨できません。

もう中学生なのだから、
へ理屈は言わないでノンアルコール飲料は
飲まないのがスマートです。

クルマの運転をするわけじゃなし、
そんなの飲んでもしょうがないでしょ。だいたい。

まだ聞き分けのない低年齢を対象に
「こどもビール」だとか「こども梅酒」という
リンゴや梅の甘い清涼飲料水も売られています。

「パパと一緒にかんぱい!」

何でわざわざ、お酒に似せたものを
ちいさな子どもに飲ませて、一体どうしたいのだと
個人的には思わなくもありません。

本来、麦茶か水でいいんです。子どもは。

でも、子どもは大人の真似をしたがるものです。
シガーチョコレートもありましたし、
聞き訳がないのだから仕方がありません。
自分もそうでした。
クリスマスのときのシャンメリー。
あれは一体はどうなのだと言う話です。

ですから明らかにテイストが子供向けのものには
あまり固いことも言えません。

誤って本物のアルコールを飲まないように、
大人と一緒に「洒落」を楽しむようにするのなら
OKと言うことなのでしょう。

どうしても、大人の真似をしたい中学生にも
おススメかも知れませんが、
飲むとアホらしくなります。きっと。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.07.11 Thu l ひとこと l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/1976-d3436180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)