ドクターフリッカー

相変わらず日中は30℃を越す夏日ですが、
お彼岸に入って朝夕は寒いくらいになりました。

これでは風邪を引くなと言うほうが
無理な話かも知れませんが、
秋の味覚のほうはだんだん美味しくなってきます。

サンマの塩焼きをダイコンおろしと
アツアツのご飯で頂く。

別に外国の方でも食べることは出来ますが、
日本人に生まれて良かったと思うひと時です。

鮮度が良いとお刺身で頂く場合もありますが、
サンマに限らず、カツオやアジ、サバやイカなどには
ちょっとやっかいな寄生虫が住んでいる場合があります。

そう、アニサキス、内視鏡医からは
アニーちゃん(?)と呼ばれているにくい奴です。

カツオやアジをいわゆる「たたき」で食べるのは
寄生虫対策のためのだとも言われています。

魚を食べたイルカやアザラシの体内で
アニサキスは成虫になりますが、
人間の身体の中にはアニサキスは寄生出来ません。

それでもアニサキスは胃の粘膜に食いついて
まさに決死の覚悟で生きようとするわけですが、
食いつかれる人間はたまりません。

昨日もお昼休みに急遽行った胃カメラで
アニーちゃんを発見、捕獲しました。
写真をご覧になりたい方はこちらへどうぞ。

冷凍モノでは寄生虫も死んでしまいますが、
「活きのいい」ものを召し上がる場合は注意が必要です。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.09.22 Sun l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2054-e39e85d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)