ドクターフリッカー

診療所のホームページ
Facebookページでお知らせしていますように
本日、10月1日より
インフルエンザワクチン接種を開始いたします。

今年のインフルエンザワクチンは
流行を予測してWHOの勧告を踏まえ
A/カリフォルニア/7/2009 (H1N1)、
A/テキサス/50/2012 (H3N2)、
B/マサチュセッツ/2/2012の3価混合ワクチンです。

昨年は厚生労働省の発表では
定点観測が12月16日の段階で1.0を越え、
流行期にはいり、A(H3N2)型、
いわゆるA香港型が多く検出されました。

ワクチンの副作用については
昨年は100万接種あたり2.3人の
アレルギー性の脳脊髄炎やギラン・バレー症候群の
発症があったと報告されていますが、
これらの病気の自然発症率より低率です。

流行を防ぐためには罹患者を減らすことです。

ワクチンの予防接種は打った本人を
ウイルスから守るだけではなく
感染者を減らし、流行を防ぐねらいもあります。

予防接種を受ける前の乳児や
免疫が不十分な方々を守ることに繋がります。
流行する前、冬に備えて
早めのワクチン接種を推奨いたします。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.10.01 Tue l 医療 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2057-fbbdda62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)