ドクターフリッカー

やっと日曜日になりました。
朝の冷え込みが厳しくなってきました。

先週、厚生労働省の中医協は
13成分23品目の新薬を
薬価収載することを決定しました。

C型慢性肝炎の治療薬、
ペグインターフェロン、リバビリンに併用する
シメプレビルもその中のひとつです。

これまでの類薬と比較して、
臨床試験では副作用が格段に軽減され、
なおかつ有効性は勝るとも劣らない成績です。

なにしろインターフェロンが効きにくいと
言われていたセログループ1の高ウイルス量の
患者さんでも初回治療だと約90%が
ウイルス消失に至ったのですから驚くべき効果です。

新薬の登場に期待する一方で、
叶うことなら10年前、20年前にタイムマシンで
この新薬を持って行けたら、と

たくさんの患者さんを思い出しながら
週末の眠れぬ夜を過ごしました。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.11.17 Sun l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2106-d99acd3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)