ドクターフリッカー

患者さんはいつも通りに
変わらず通院されているのに

某ケアプラザの福祉関係の方から
患者さんの「診療情報提供書」を
作成するように電話がかかって来ました。

そもそも当の患者さんご本人からは
何にも伺っていないにもかかわらずです。

他科を受診するからだと言うことですが、
紹介状が必要な大きな病院を受診する訳でもなく
事情をお尋ねしても今ひとつ要領を得ません。

すると突然、患者さんも同行せずに
その方がお一人で「診療情報提供書」取りに来られて
受付で
「次の訪問先の約束が9時40分にあるので
 それまでにお願いします」。

この季節の始業直後の内科診療所の
混み具合とかはご配慮頂けないご様子。

個人情報や守秘義務の問題もあるし、
ご本人の承諾もないまま、福祉関係の方とは言えど
「診療情報提供書」は渡せるものではないと思うんです。

なるべく柔軟に対応して行きたいと
常々思っているのですが、
福祉に携わる方もいろいろですので
臨機応変にも難しいものがあります。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.11.27 Wed l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2112-672d0bef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)