ドクターフリッカー

12月になってインフルエンザにかかる方が
ちらほらといらっしゃるのが不気味です。

寒さが厳しくなってきます。
空気はどんどん乾燥するでしょう。

今はまだ、散発といった状況の
インフルエンザですが、
一気に流行期に入る可能性が危惧されます。

インフルエンザワクチンの予防効果は
小さなお子さんの場合、
あまり期待できないなどとも言われていますが、

ワクチン接種はしないよりした方が
罹患率が低くなることは厚生労働省の
研究班の報告からも明らかです。

手洗いやうがいも大切ですが
予防の有効性が科学的に証明されているのは
現状、ワクチンだけです。

一人ひとりの感染リスクを減らす意味からも
また、流行の拡大を防ぐ意味からも
今からでも、積極的なワクチン接種を推奨します。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2013.12.13 Fri l 医療 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2134-88486459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)