ドクターフリッカー

昨晩は4月からの診療改定に伴う
医師会の伝達講習会がありました。

コストのかかる「入院」から
「在宅」へシフトするように
方向付けられているようです。

ただ「在宅医療」と一口に申しましても
住居環境、家族背景などの現状も良く考えなければ
簡単に「在宅医療」にシフトは出来ません。

社会全体の問題、少子高齢化、核家族化、
さらには雇用の不安定化や格差社会の問題が
そのまま医療に反映しているのです。

昔の町医者の往診とは全く違う訳ですし、
小手先で診療報酬を上げたり下げたりして

現場を知らない中医協の方々が
「コスト削減」のためだけに
医療を恣意的に誘導しようとしているのは
少し心に引っ掛かるものもあります。

診療後、慌てて駆けつけたので
まだ、あまり頭に入っていませんが、
それでも4月からも信念を持って
ブレない診療をして行きたいと思います。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2014.03.15 Sat l ひとこと l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2225-770b05c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)