ドクターフリッカー

調査委員会の認定結果に不服申し立てをする
記者会見の場で「STAP細胞はあります」と
涙ながらに主張するのは
偽ベートーベンの逆ギレと一緒です。

自然科学の研究者と言うのは
何か新しい、まだ誰も見つけていない
科学的事象がありそうだと閃くと
それを証明するために実験を行います。

実験の結果は必ずしも
予想通りではありません。

むしろ、期待していた事象を
否定するようなデータが出ることさえあります。

結論として何が証明できて
何が分からなかったのか。
そこをありのままのデータで示すことで
科学論文として初めて成り立ちます。

そこに不備があれば当然、
ディスカッションにならない訳です。

科学のノイエスを公に発表するのは
論文として原著にすることが唯一無二であって
ホテルの記者会見ですることではありません。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2014.04.12 Sat l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2255-bcc0481a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)