FC2ブログ
ドクターフリッカー

いよいよ飲み薬だけで
C型肝炎の治療を行う時代になるのでしょうか。

半年間、内服薬を飲むことで
インターフェロンを使用することなく
高率に難治性C型肝炎が治癒する
ダクラタスビル(DCV)とアスナプレビル(ASV)は
すでに承認申請されており、
DCV/ASV併用療法は間もなく健保適用となるでしょう。

また、ニューイングランドジャーナルという
欧州の医学雑誌には
ソフォスブビルとレディパスビルの併用(合剤)を
たった2ヵ月飲むことで抗ウイルス効果が
長期間持続することが報告されました。

インターフェロンを使用しないことでの
耐性ウイルスの出現や発癌リスクの上昇など、
懸念はいくつか残りますが、
今後、C型肝炎の治療は
直接作用型抗ウイルス薬が中心になるのが
自然の流れでしょう。

1年間、インターフェロンを注射し続けても
10人に1人しか治らなかった頃を考えると
夢のようなことだと思います。

製薬開発は、すべて海外のバイオベンチャー企業。

日本も国や製薬メーカーがもっと積極的に投資を行って、
国内バイオベンチャーをバックアップして欲しいものです。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2014.05.15 Thu l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2287-50f03419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)