FC2ブログ
KeYu Hosp 1

近づきつつある台風の影響でしょうか。
小雨の降りしきる中、みなとみらいに
肝炎の勉強会に行ってきました。

1988年、自分が国家試験を受けたその年に
アメリカのベンチャー企業が遺伝子の断片を
検出してC型肝炎は姿を現し始めたのでした。

1989年の11月にC100-3抗体で
輸血用の血液、凍結血漿のスクリーニングが
始まるまでは病院内でも輸血後C型肝炎は
けして珍しくなく、日常的に発症していました。

治療薬の「切り札」だったインターフェロンも
当初はB型肝炎にしか健保適用がなく、
C型肝炎の患者さんは研究グループの研究費から
インターフェロン治療を行っていました。

「混合診療」と言われるかも知れませんが、
そうするしか、インターフェロンは
C型肝炎の患者さんに使用できなかったのです。

1992年、やっとインターフェロンの
24週間投与が承認されましたが、
それでも、入院して2週間連日注射をし、
その後、週3回通院しながら治療を続けるのは
患者さんにとって大変な苦痛を伴い、

その大きな苦労の割には副作用も少なくなく、
治療効果は決して満足のいく成績ではありませんでした。

2001年、リバビリンが認可され
インターフェロンと併用が可能になり、
さらに2004年、ペグインターフェロンの登場によって、
C型肝炎の治癒率は飛躍的に向上しました。

ここ2~3年の間に次々にプロテアーゼ阻害剤が登場し、
ペグインターフェロン、リバビリンとの3剤併用によって
もはや「「C型肝炎は治る病気」と言われるようになりました。

しかし、インターフェロンに感受性がない体質だったり、
副作用のためにインターフェロンが使用できない
患者さんは取り残されていたのが現状です。

しかし、いよいよインターフェロンを使用しないで
直接的作用型抗ウイルス薬のみで
治療が可能な時代になりました。

薬剤耐性の問題はあるにせよ、
すでにインターフェロンが使用できない患者さんにとっては
待ちわびた福音であることに間違いはありません。

講演を聴講していて、
心に浮かぶのは今まで関わってきた
患者さんたちの顔、顔、顔・・・。

20年前、いやせめて5年前にでも
タイムマシンで薬を持って行くことが出来たらと
思わないではいられませんでした。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2014.07.10 Thu l 医療 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2342-b77c5b87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)