taniuchirokuro.jpg

芸術の秋です。

谷内六郎の複製画を買いました。

「しゅーかんしんちょーは
  あした、はつばいでぇーす」という
女の子の声とともに
夕焼け小焼けのメロディーが聴こえるのは
昭和を過ごした方でしょう。

ところで、小学校から高校まで
図工や美術の時間に
絵の描き方って教わりましたか?

花瓶はこう描くのだとか、
夕焼け雲はこういう色を塗るのだとか、
ほとんど教えてもらえませんよね。

絵を描く時間はほとんど放置され、
先生は文庫本かなんか読んでいました。

描くテクニックを教えてしまうと
独創的な絵が描けなくなるからでしょうが、
それにしても、って言う感じです。

それに比べて同じ「芸術」でも音楽は
歌を一つ歌うにしても
大きい声で歌えだとか、
音を伸ばせだの、半音上げるだのと
こと細かに歌い方を指導されます。

絵は、画用紙が混ざった絵具で
真っ黒になっても許してもらえましたが、
音楽は、調子っぱずれで歌うと
何度も歌い直しをさせられました。

芸術って難しいものですね。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
夕焼け小焼けのメロディーが聴こえるのは・・・

夕焼け小焼けではありませんでしたね。
赤とんぼでした。
2014.09.24 Wed l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2419-f44124dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)