FC2ブログ
IMG_0510.jpg

京王プラザホテルで開催された
肝臓学会東部会に行ってきました。

IMG_0514-2.jpg

四半世紀にわたって
C型肝炎の治療の主役であった
インターフェロンに代わって、

9月から登場した経口薬による
インターフェロンフリーの治療法。

効果、副作用の面では
インターフェロンをベースとした
従来の治療法をはるかに
凌駕しているように見えます。

耐性ウイルスや発がん抑制の点など
注意すべき点はありますが、

そもそもインターフェロンに
発がん抑制のエビデンスはあるのか、
きちんと再検証するいい機会でもあります。

B型肝炎も核酸アナログ製剤が登場して
治療が大きく変わって10年余り。

予後の改善にいかに寄与しているか
やっとデータが出てきました。

一方で肝炎ウイルスの感染のない
脂肪肝からの発がんの危険性が

糖尿病や脂質代謝異常などの
生活習慣病との関連とともに
クローズアップされています。

ウイルス肝炎ばかりに気を取られていると
メタボの脂肪肝にしてやられます。
気を付けなければいけません。

学会場での熱いディスカッションを拝聴して
自分も実地医家としてまだまだ
勉強をが足りないと痛感した次第です。

今日からまた頑張ります。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2014.11.28 Fri l 医療 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2483-37988c46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)