ドクターフリッカー

国が行った
過去の集団予防接種などが原因で
B型肝炎ウイルスに
持続感染している方に対して
給付金が支払われます。

詳しくは厚労省のホームページ
書いてありますが、
結構、面倒な手続きです。

和解しているとは言え、
対象者であることを法律的に
立証する手続きはなかなか大変そうです。

そこで、巷の法律事務所が
手続きの代行をしてくれるようです。

もともと、国からは給付金に加えて
その4%に相当する額を
弁護士費用として支給することになっています。

しかし、法律事務所の手数料は
給付額の8%のところが多いようです。

つまり、弁護士の先生が
国が支給する弁護士費用だけではなく
4%水増しして本来の給付金からも
手数料を取ると言うことです。

え? 給付金からもお金取るの?

何のために給付金が出るのかを考えれば、
国が設定した4%の費用で仕事をするべきでは
ないのでしょうか。

成功報酬と謳っていますが、
そもそも、裁判を起こすわけでなく、
すでに和解が成立していて
対象になるかどうかの手続きです。

プロの弁護士の先生からしたら、
なんてことはない仕事だと思うのですが、
やっぱり、8%はもらわないと出来ないものなのでしょうか。

もっとも、一番良くないのは
国の責任で感染したと認めているにもかかわらず、
わざわざ、手続きを解かりにくくしている厚労省です。

被害者が苦労するようにして、
いったい、どうするのだという話です。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2015.04.17 Fri l ひとこと l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2623-f2b1138b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)