ドクターフリッカー

学生時代を思い出して下さい。

授業を抜けて
チャラチャラ遊んでいたのに
真面目に最前列で授業を聴いていた友だちに
「ノート、コピーさせてよ」と
軽薄に頼んでいたあなた。

あなたは知らない間に
多くの人に悩みと葛藤を与えていたのです。

そして、そう言われて、
いいよと笑顔で答えていたあなた。

精神衛生上、それは非常に危険です。

何故なら、その時あなたは
「ッざけんな!てめーがサボったんだろ」と
かなりの鬱憤を潜在意識に
溜め込んでいたはずです。

はっきり断るのには強い気持ちが必要で、
我を通すのは大変な苦労がいるのです。

中にはノートを見せることを断った途端、
「何だよ、ワガママな奴だな」と
逆ギレされかねません。

でも、人は誰でも
ノートを借りる自分と貸す自分と
ふたりの自分を持っていると思います。

自己中な自分も、偽善的な自分も、自分は自分。
そこに気付くかどうかが、大事なところです。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2015.04.26 Sun l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2632-68500f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)