come along

学生の頃、レンタルレコードを
カセットテープに録音して
クルマで擦り切れるほど聴きました。

小林克也の英語のDJとともに
流れてくる山下達郎のナンバーに
アメリカを感じたものです。

なんだかんだ言っても
80年代は現代と比較にならないほど
アメリカに対する憧れが強かったと思います。

ビールもわざわざバドワイザーを
買ったりしてました。

そんな訳で、「COME ALONG」のCD、
買っちゃいました。

仕事への行き帰り、
つかの間、80年代にタイムスリップです。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2015.10.19 Mon l 思い出 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2810-dcb7f435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)