kuuhakunoichinichi.jpg

今から37年前の今日、11月21日は
プロ野球のドラフト会議の前日でした。

前年、クラウンライターライオンズに
指名されていた「怪物」江川卓投手。

入団を拒否していましたが、
交渉権はドラフトの前々日までという
規約の「盲点」をついて、

この日、ジャイアンツは
江川卓投手の電撃入団会見を行いました。

ジャイアンツがボイコットした
翌日のドラフト会議では
阪神タイガースが江川卓投手を指名。

ジャイアンツの主張する
「空白の一日」が認められる筈がないと
当時、思ったものでしたが、

結局、コミッショナーの「強い要望」で
江川投手はジャイアンツに入団したのでした。

代わりに阪神にトレードされたのが
小林繁投手。

無理を通せば、道理が引っ込むと言うことを
まざまざと世間に見せつけた「江川事件」でしたが、

当の本人が、一番苦しんだだろうなと
今となっては思えます。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2015.11.21 Sat l 思い出 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2845-83006116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)