Say it aint so, Joe!

1919年、海の向こうの
メジャーリーグのワールドシリーズで
シカゴ・ホワイトソックスの選手数名が
八百長を犯した「ブラックソックス事件」。

中でも、スター選手だった
シューレス・ジョーことジョー・ジャクソンが
八百長を認めて裁判所から出てきたとき、

外にいた少年ファンが涙ながらに
「嘘だと言ってよ!ジョー!!」と
叫んだと言うのは有名な話です。

今、全国のプロ野球ファンも叫んでいるでしょう。
「嘘だと言ってよ!」。

そもそも、世の中はきれいごとだけでは
成り立たないのも事実かも知れません。

しかし、ファンに夢を与えるプロ野球選手が
ファンの夢を奪ってしまった
今回の「覚せい剤事件」は本当に残念です。

しっかり罪を償い、出来ることなら、
いつの日にか、もう一度輝いて欲しいと思うのは
甘い考えでしょうか。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2016.02.05 Fri l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2924-2e552288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)