ドクターフリッカー

佐賀県は75歳未満の人口10万人あたりの
胃がんの死亡率が全国でワースト2位だったそうです。

そこで、佐賀県は考えました。

学校健診の尿検査の検体を用いて
県内の中学校3年生、約9000人を
対象に尿中ピロリ菌抗体を測定するそうです。

検査はあくまで任意ですが、
負担やリスクの少ないこういった方法なら
同意を拒む理由はないでしょう。

佐賀県では検査費用として6000円、
さらにピロリ菌除菌の治療費の自己負担分として
5000円を助成するために予算を計上したそうです。

現行の医療保険では除菌を行う場合、
胃カメラの検査が必須となっています。

そこら辺の保険の適用については
中学3年生であれば、胃カメラは不要だと
個人的には考えますが、どうなるのでしょうか。

佐賀県だけではなく、
全国レベルで行ってもいいピロリ健診。

何と画期的な試みでしょうか。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2016.03.09 Wed l ひとこと l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2956-bed4cc0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)