ドクターフリッカー

1981年の春、浪人した時、
予備校の寮は中野にありました。

中野駅の北口を出ると
左手に有名な中野サンプラザがあり、
商店街と中野ブロードウェイを抜けた
早稲田通り沿いの建物でした。

どこかの会社の社宅だった部屋は
改装されて三畳ほどに仕切られてた
狭苦しい空間になって並んでいました。

寝台列車のような作り付けのベッドと
小さな机、そしてカラーボックスだけの
個室が「我が城」だったのです。

18歳で初めて親元を離れて
暮らした1年間の寮生活。

元特攻隊員だった寮監、
全国から集まった寮生たち、
週に3回しか沸かしてもらえない共同風呂、
毎週日曜日の夕食に出た肉のないカレーライス、
夜中に寮を抜け出して食べた「王将」の餃子、

弱く、貧しく、たくましい
まさに青春の日々でした。

大学に入ってから、
いつだったか、寮を訪ねたこときは
すでに取り壊されてマンションになっていました。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2016.03.29 Tue l 思い出 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

私も中野23寮いたよ笑
2017.08.16 Wed l 須田寛昌. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2974-e58e5d89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)