ドクターフリッカー

昨晩は某製薬メーカーで
社外講師を務めました。

大した話が出来なくて申し訳ないのですが、
具体的な臨床のお話しをすることで
医科と製薬が相互に理解を
深めることは大事なのです。

絶対に必要な治療と
念のために行う治療は
同じ治療でも全然違うこともあります。

病気を予防するお薬と
病気を治すお薬、あるいは
治せないけど進行を遅らせるお薬も
それぞれ使用するタイミングが違う訳です。

患者さんに使って頂くお薬ですから
ネズミの実験のデータでは
参考にはなっても、信用は出来ません。

そんなことをくどくどとお話しして、
横浜の夜は更けていきました。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2016.04.21 Thu l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/2998-0172782f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)