V9時代

「巨人の星」に「侍ジャイアンツ」。

自分が子どもの頃の野球漫画と言えば
まさに「オール巨人」でした。

テレビもラジオも
野球中継はやっぱり「オール巨人」。

実際のペナントレースも
天下のONを擁する巨人が
圧倒的な強さで幼稚園の頃から
ずっと優勝していました。

ああ、そうそう、巨人が主人公ではない
漫画もありました。
「男どアホウ甲子園」です。

でも、それも最初は
高校野球が舞台でしたし、
藤村甲子園が阪神に入団するのは
長島引退の年、1974年です。

1973年には阪神タイガースが
残り2試合でマジック1と巨人を追い詰めますが、
中日と巨人にまさかの2連敗で
結局、巨人の9連覇となる訳です。

巨人とジャイアント馬場と自民党。

この3つは負けないようにシナリオが
出来ているんだと

子ども心に思ってしまうのも
無理もない昭和40年代でした。

高度成長期も心なしか
やや陰りが見えた頃の日本。

ああ、今日もまた巨人が勝ったと
世の中の人々はそんなところに安心して
生活しているような、そんな時代でした。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2016.05.19 Thu l 思い出 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3026-3f62b789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)