渡り廊下

母校の大学本館と大学病院。
だいぶ、老朽化してきているそうです。

とは言うものの、
大学病院の開院は1973年くらい。
まだ築50年も経っていません。

大学本館はもう少し古いそうで
1972年竣工となっています。

一番最初、創立と同時、
1971年に建てられた
「旧進学校舎」はすでになくなり、
眩い「教育棟」に建て替えられて
その威容を誇っています。

大学病院の待合室は
作られた当初は空港のロビーのようで
ドラマや映画のロケにも使われたそうですが、

すべての新しいものが時代とともに
古いものになって行くのは必然です。

放射線科や中央手術室など
大規模な医療機器は日進月歩ですし、
よもや、今ほどコンピュータの端末が
いたるところに蔓延るとは
想像もしていなかったことでしょう。

今後、順次建て替えを
計画しているようですが、
母校が最新鋭の設備を誇る
大学、病院に発展していくことは
心から喜ばしく思います。

え?寄付金?
ま、まあ、そりゃ少しくらいは出します。
でも、あくまで少しくらい、です。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2016.06.23 Thu l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3061-4dec16f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)