godzilla.jpg

1954年公開の「ゴジラ」。

ゴジラが放射能をまき散らし
東京の街を破壊し、焼き尽くす最中、
おびえる幼い子どもを抱きかかえながら母親が言います。

「もうすぐお父ちゃまのところへ行くのよ
   ・・・もうすぐ、お父ちゃまのところへ」

夫を戦争で亡くし、
今、また水爆によって甦ったゴジラに
自分も子どもたちとともに、その命を絶たれようとしている。

その運命の非情さ、理不尽さがリアルに描かれています。

時を経て10年後の1964年、テレビの「ウルトラQ」。

増加の一途をたどる人口問題を解決するために、
人間の体を1/8の大きさに縮めてしまう
「1/8計画」というお話が放送されます。

江戸川由利子がひょんなはずみで
間違って身体を1/8に縮められてしまったとき、
1/8に縮んだ人々が生活する「S13地区」の民生委員として、

あの「ゴジラ」のとき、子どもらと心中しようとしていたご婦人が
登場されているではありませんか。

ultraq.jpg

そうか、あの時、ゴジラの被害から、
何とか九死に一生を得て生き延びることが出来て、
その後、「S13地区」の民生委員として平和に暮らしているのだな。

小さかった子どもたちも
きっと無事だったに違いない。良かった。良かった。

と、勝手に「ゴジラ」と「ウルトラQ]を
結びつけながらDVDを鑑賞しているひとは
恐らく、あまりいないと思います。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2016.06.27 Mon l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3065-aca8e22d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)