TanakaKakuei.jpg

1972年の七夕の日。
田中角栄が内閣総理大臣に就任しました。

54歳。
史上最年少の宰相は
就任後初の衆議院総選挙の演説で
聴衆の心を鷲掴みにします。

「親たちが我々のために
 汗を流してくれたように、

 我々も子どもたちのために
 もう一汗を流そうという

 そういう考えのもとに初めて理想の
 日本が築きあげられるのであります!!」

今、果たしてどれだけの国民が
汗を流そうとしているのでしょうか。

今度の日曜日は参議院通常選挙。

汗を流そうともしないひとたちの
顔色ばかりをうかがった演説では
汗を流している者の心は掴めないでしょう。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2016.07.07 Thu l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3075-41b35cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)