Cabbage.jpg

「牛丼福祉」という言葉があるそうです。

日本は北欧型の福祉は及びませんが
安くておいしいファストフードが充実しているので
時間やお金がなくても食生活に困らない。

これは日本型の福祉なのだということのようです。

ま、自分もひとりで食事をするときは
300円出してキャベツを買うより
さっさと手っ取り早く牛丼を食べてしまいますが、

時間やお金がないひとたちが
ファストフードばかりを食べているようなお国柄で

一生懸命に「メタボ健診」なんかをやっていても
ザルで水をすくうような話なのではないかと心配です。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2016.07.20 Wed l つぶやき l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

『旨いモノは身体には悪いんですよね』

老人ホームでラーメンを食べたがってる入居者に職員がなだめた言葉です

確かに、美味しい食べ物って添加物が多かったりしますよね
身体には悪いと思っていても食べたい

『神の手』と呼ばれる世界的脳外科医
福島孝徳医師も「カップラーメン」と「メローイエロー(炭酸飲料)』が大好物と言われてます

世界的名医をも虜にする日本のファストフード・インスタント食品・炭酸飲料

今の日本では医食同源は難しい時代なのかも知れないですね・・・
美味しくて身体に良いモノ

腹が減っていれば、どんなモノでも余程の事が無ければ美味しい

しかし、手軽さと時短や安さという便利さもヤメれない要因ですね・・・





2016.07.20 Wed l 片岡. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3088-211e50e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)