pacificoyokohama.jpg

1991年オープンの
みなとみらいのパシフィコ横浜と
横浜グランドインターコンチネンタルホテルが
開業25周年だそうです。

四半世紀も経ったパシフィコ横浜には
数々の学会の思い出がありますが、

自分たちの教室の飯野四郎教授が会長を務め、
消化器・肝臓内科教室の総力を結集した
2001年の肝臓学会総会は忘れられません。

2001年5月18日-2

会場整理や徴収した参加費の管理などの
裏方の仕事には何よりも神経を使いました。

もちろん、自分自身も発表しました。
この時の発表演題のタイトルは
「肝細胞癌の対する腫瘍マーカーとしての血中NO3-の意義 」。

肝細胞がんを肝動脈塞栓療法治療後の経過で
塞栓効果が十分得られたものは
血中のNOイオンを測定すると有意に低下します。

一方、早期に再発を認める症例では
血中NOイオンは低下を認めないので、
肝がんの肝動脈塞栓療法の治療効果の判定には
血中NOイオンの測定が有用であるという報告をしました。

ちなみにNOと言うのは一酸化窒素のことです。

何だか、すごく昔のことのような気がしますが、
あれから、まだ15年しか経っていません。
いや、もう15年なのか・・・。

今でも、みなとみらいに行くたびに
2001年の肝臓学会を思い出します。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2016.08.07 Sun l 思い出 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3099-d0cdcf78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)