AAA.jpg

感染性胃腸炎の患者さんが目立っています。

また、インフルエンザA型の患者さんも
不気味に増えています。

まだまだインフルエンザワクチンを
接種される方も多くいらしゃり、思いがけず混雑して、
お待たせして申し訳ありません。

そんな慌ただしく混雑した夕方、
血液検査結果をふと見ると、肝臓の数値が少し高くなっています。

ああ、きっと脂肪肝だなと思いましたが、
お腹を触診した時に、妙な感覚があったので、
気になって、念のためエコーで診ることにしました。

肝臓はやっぱり白く、脂肪肝を確認した後、
ゆっくりと胆のう、腎臓、膵臓を観察して、
探触子を大動脈の上に持ってきた時に「むっ、AAA!」。

Abdominal aortic aneurysm、通称AAA。腹部大動脈瘤でした。

血液検査の変化とは直接関係ありませんが、
腎動脈の下あたりから総腸骨動脈分岐部付近まで
径5cm超の大動脈瘤。

破裂する前に外科的に治療が必要なので、
速やかに血管外科に診療情報提供を行いました。

混雑していても、少しでも気になったことは
検査しておかないと絶対に後悔すると改めて痛感します。

混んでいる時こそ、あえてしつこく。
小さなサインを見落とさないように
これは信条としていきたいと思います。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2016.11.26 Sat l 医療 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3217-320ff270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)