IMG_4288.jpg

頂き物のイチゴですが、
何とも甘くておいしいイチゴです。

子どもの頃はつぶしてから牛乳と砂糖、
時には練乳なんかもかけて食べました。

それはそれで好きだったのですが、
やはりイチゴと初恋は甘酸っぱい思い出です。

イチゴの実は本当は茎の一部で
花托と呼ばれる部分です。

植物学的には本当の果実は
あのつぶつぶの種のようなところであって
つぶつぶの中に本当の種があるそうです。

そうそう、子どもの頃にイチゴをつぶした
あのつぶつぶがデザインされたイチゴ用のスプーン。

いつ頃から使わなくなったのでしょう。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2016.12.17 Sat l つぶやき l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

本日は母の診察ありがとうございました

先程、父親の見舞いに行って来ました
少しずつですが、状態は回復しつつあるようです

元気な頃はワガママで自分勝手で家族は大変でした
林先生にも随分ご迷惑をお掛けしたと思います
父親に代わり、申し訳ありませんでした

今日、病床の父親は、じっと目を見つめ母の問いかけに頷くばかりで『ありがとう』と言葉を発していました
もう少し早くに素直な気持ちになってくれていたらと思いますが、本人が今イチバン実感していると思います

ひねくれてばかりの父親ですが、元気な頃は林先生に大変感謝していました
かかりつけの医師の中でいつも林先生の事を真っ先にお礼の気持ちを母に話していました

病床に伏せてから初めて家族に心を開き素直な気持ちになってくれ本当の意味で¨家族¨になったと思います

ご心配して下さりいつもありがとうございます
とても感謝しております






2016.12.17 Sat l 片岡. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3237-8b2dc46c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)