_4.jpg

高熱で来院された患者さん。

咽喉も鼻もすっきりしないし、頭痛もするとのこと。
何より、熱が出てから食欲が全くなくて
胃も痛むのがつらいと訴えられます。

大勢の発熱の患者さんの中のおひとりと
流れ作業のようにインフルエンザ迅速検査を行います。

しかし、結果は陰性。

それでもなお、この時期だから風邪の薬と一緒に
タミフルも処方していた方が良いかななどと思いながら、

高熱と胃痛がほぼ同時期に出現していることが
妙に気になり始めました。

いや、待てよ。もしや・・・。

胸騒ぎを抑えながらお腹にエコーを当てると、
痛いとおっしゃっている場所と一致して
肝臓の中に辺縁が不整な低輝度領域が描出されます。

おっと、肝膿瘍じゃないか。

発熱とインフルエンザの患者さんが
まさにけた違いに多いこの時期、
先入観にとらわれず、落とし穴に落ちないように
ますます慎重な診察が必要です。

患者さんは高次病院に転送。
無事に膿瘍のドレナージをして頂きました。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2017.02.09 Thu l 医療 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3287-aee94fac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)