20170209.jpg

1971年。

水原茂監督が采配を振るう
最後の年にでっかい新星がデビューした。

高卒3年目の大島康徳である。

6月17日の中日球場のヤクルト戦、
初スタメンだった大島は9回裏、
センターバックスクリーンに
特大の2ランホームランをかっ飛ばした。

前年、「黒い霧事件」で
エース小川健太郎がいなくなった中日。

重い空気の中で
ファンの心配を吹き飛ばし、
明日の中日を期待させるのに十分な
でっかいホームランであった。

6月26日の川崎球場では延長11回表、
ライトスタンドへ決勝2ランを放り込む。

一発長打の大島はこの年に7本塁打を
マークしたのだった。

水原茂監督は若き大砲の出現を喜び、
大島はその後、竜の主砲として長きにわたって
チームを牽引して行くことになる。

どんな時でも明るく
そして熱い男、大島康徳。

きっとこれからも
今まで通り、普段通りに自分の道を
進んで行くのだと信じています。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2017.02.08 Wed l ひとこと l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

日本にドラゴンズファンは沢山いるけど、こんな心強いファンがいてくれる

大島さんと林先生にエールを送ります
2017.02.08 Wed l 片岡. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3291-eac59d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)