20170429.jpg

新しい内視鏡システムを設置しました。

なかなか軽くて、操作しやすいように出来ています。

レーザーによるBlue Laser Imaging(BLI)で
粘膜表層の微細血管や微細構造のコントラストを高めたり、
Linked Color Imaging(LCI)で
粘膜の色調変化や、粘膜付近の赤みを強調、識別して
今までよりもより詳細な胃粘膜の観察が可能になりました。

さらに低ノイズ、高解像度によって
これらのレーザーによる観察時により鮮明な画像で
微小病変の観察をサポートする機能も付いているので
まさに鬼に金棒と言ったところでしょうか。

いや、猫に小判にならないように
自分の技術の維持、向上に精進いたします。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2017.04.29 Sat l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3370-bed52d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)